体を大きくしたいならタンパク質は体重×1.6g摂ることが必要

痩せたい!体を絞りたい!と思って、筋トレやジム通いを始める人がほとんどでしょう。

しかし、そんな人ばかりではありません。

 

どれだけ食べても太らず、体が細いのがコンプレックスという人もいるでしょう。

 

そういう人は、重い重量をあげる筋トレを行うといいですが、それだけでは不十分。

体を大きくしたいなら食事も大切です。

 

食事といってもポイントがあります。

 

バランスのいい食事をし、タンパク質・ビタミン・BCAA・アミノ酸ともちろんバランスよく摂取するのが望ましいですが、体を大きくしたいならタンパク質がとにかく大事!

京都府医師会のサイトに掲載されている論文では、タンパク質の摂取量についてこのように記載されています。

筋肉トレーニングを強化している場 合の摂取目安量は、体重当たり1日(1.6g~2.0 g/㎏)で、タンパク質を含む多様な食品から 摂取したいものである。

体重が60kgの人は少なくとも96g、体重が70kgの人は少なくとも112gのタンパク質を摂取しないといけないんですね!

では食事にするとどれくらいの量をたべないといけないのでしょうか?

日常的に食べることができる食材のタンパク質量とは?

では、普通に生活している中で摂取している食材にはどれくらいのタンパク質量が入っているのか?

文部科学省が管理している食品成分データベース の数値を元にご紹介していきます。

  • たまご1個 7g
  • 牛乳200ml 6.8g
  • ロースハム1枚 3.3g
  • 牛肉ステーキ150g 33g
  • 鳥もも肉の唐揚げ100g 13.8g
  • 鮭100g 22g
  • 100g 3.6g
  • 豆腐1丁 6.6g
  • 納豆1パック 8.3g

こうして並べてみるとわかると思いますが、体重×1.6gってかなり途方もない数値であることがわかりますねw

体重が60kgの人ならたまごを1日13個以上、牛乳なら2.8リットル毎日飲まないといけないんです。。

体重を増やしたいからタンパク質は摂らないといけないけど、タンパク質はそんなに摂れないですよね。

そういう人のためにタンパク質があるんです!

コンビニで売っているプロテイン系商品

ドラッグストアなどでプロテインを購入してもよいでしょう。

しかし、仕事から直接ジムに行ったりすると大きなプロテインを持ち歩くのは結構面倒ですよね。

粉から水や牛乳を入れて作るのも面倒ですし。。

そこで、おすすめなのがコンビニで売っているプロテイン系商品。

プロテインドリンクやプロテインバーなどさまざまな物が売られているので、活用するといいでしょう。

コンビニで購入しやすい商品とタンパク質含有量をご紹介します。

  • 明治 ザバスミルクプロテイン430ml 15g
  • 森永 in プロテインバー 10g
  • アサヒグループ 1本満足バー プロテイン 15g

このあたりはどこのコンビニにも販売しているし購入しやすいでしょう。

あまり店舗はないのですが、最もおすすめなのがナチュラルローソンのオリジナル商品である”プロテインドリンク40”

1本500mlのペットボトル飲料なのですが、タンパク質含有量は驚異の40gですww

近くにナチュラルローソンがある人は超ラッキー!

この記事をここまで読んでいる方すぐに試してみるとよいでしょうw

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です